Serrasalmus compressus


Scientific Name(学名):

  Serrasalmus compressus
Author(第一著者):

  (Jegu, Leao & Santos, 1991)
和名:

  コンプレッサス?・ピラニア
英語名・その他シノニム:

  
産地:

  マディラ川、アマゾン川中流(ブラジル)
リンク:

  Fish base、 OPEFE、 Googleマップ

管理人私見:

顔が小さく、体高があり、頭頂部が凹んでいるように見える体形は、Serrasalmus altispinis、altuvei、hastatusなどと似ています。体色は、銀白色のダイヤモンド系の輝きがあります。個体により、鰓の下が薄いオレンジが色づくこともあるようです。目は、15cmを超えるサイズになっても、あまり赤くならないようです。
マディラ川産のダイヤモンドピラニアや、ペルー産ダイヤモンド.SPとして入荷されたもので、この種と思われるものを見たことがあります。




google画像検索「Serrasalmus compressus」



ピラニア分類メニューに戻る

ピラニア援助交遊ホーム