Serrasalmus irritans


Scientific Name(学名):

  Serrasalmus irritans
Author(第一著者):

  (Peters, 1877)
和名:

  イリタンス
英語名・その他シノニム:


産地:

  オリノコ川(ベネズエラ・コロンビア)
リンク:

  Fish base、 OPEFE、 Googleマップ

管理人私見:


海外の動画を見ると、Pygocentrus caribaと同じ環境に生息しています。Pygocentrus caribaは、オリノコ川現地では群れていますが、Serrasalumus irritansは、単独で泳いでいることが多いです。

尻ビレがやや薄いオレンジ色に染まり、さらに薄いオレンジ色が鰓付近にも見ることができます。15cmくらいになっても、かなり薄く細かい斑点が体表に残り、光の当たり具合ではそれが顕著に見えることもあります。尾びれの付け根付近が黒く、尾びれの先は透明に近いようです。
たまにベネズエラ産のものが日本にも入荷されます。



google画像検索「Serrasalmus irritans」



ピラニア分類メニューに戻る

ピラニア援助交遊ホーム