Serrasalmus rhombeus


Scientific Name(学名):

  Serrasalmus rhombeus
Author(第一著者):

  (Linnaeus, 1766)
和名:

  ブラック・ピラニア
  ロンベウス・ピラニア
英語名・その他シノニム:

Serrasalmus boekeri
Serrasalmus niger
Serrasalmus normani
Pygocentrus normani
Redeye piranha
Piranha preta
  
産地:

  アマゾン川、シングー川・イリリ川、タパジョス川、ネグロ川、他

リンク:

  Fish base、 OPEFE、 Googleマップ 



管理人私見:

日本ではブラックピラニアで有名で、種類の分からないひし形体形のセラサルムス属のピラニアを、○○ブラックピラニアとの名で販売されることも多いです。
生息範囲が広く、産地により体色や体型がかなり異なります。色々な種がこの名でまとめられているかもしれません。基本的には体色が黒く目が赤。幼魚の頃は斑点があり判別がとても難しいです。成長するにしたがって体色が褪せるものや、逆に濃くなるものがいます。50cm以上になることが知られていますが、ブラックコロソマと間違えられて最大80cmとか言われることも・・・。日本ではネグロ産のブラックが体色が濃くなることで有名ですが、他の川でも真っ黒になるものもいます。シングー川産のものはバイオレットブラックピラニアと呼ばれることもありますが、黒ベースや銀ベースのものがいて、はっきり定義されていません。他にも体色の具合からさまざまな接頭語が付与されて販売されることがありますが、私としては、飼育者が気に入れば何でも良し!と考えています。


※ネグロ川




※シングー川



※タパジョス川




※トカンチンス川



※アラグアイア川



※ウアツマ川・バルビナ湖



※ニャムンダ川



※トロンベタス川



※グアマ川・オーレン産



※ブジャルー産



※ベレン産



※ナナイ川



※ウカヤリ川・その他ペルー産



※ベネズエラ産



※スリナム産


google画像検索「Serrasalmus rhombeus」



ピラニア分類メニューに戻る

ピラニア援助交遊ホーム