ピラニアの種類


 ピラニアの分類を載せてみました。なるべく管理人の私見を含めるようにし、画像を配置しましたので、安易に鵜呑みにしないでください。種を判断するには、そのピラニアの形状と産地の2点が非常に重要になります(だから産地が不明だと特定はとても困難です)。
 しかしピラニアは亜種や地域変種が多いと言われていて、また同一産地でも形状が変わっていたりして、一概にはまらないものもいるかもしれません。また同じ形状でも何百・何千km離れたところから採れたりするものもあります。そしてほとんどの種で幼魚期には体全体にスポットが見られます。これらの難しさのため、判別可能なものをspとしたり、別種の名で売られていたり、見た目等から学名とは全く関係ない名が付けられたりすることなどもあります。またどの情報を基準とするかで種の特定は変わりますが、ここでは、現生魚全種の基本データが載っており、分類の詳細(再編や移行)はほぼ完全といわれている、Fish Baseでの分類情報を参考の元として載せていきます。産地については、リンク先に書いた場所だけに限定されるとは限らないのでご注意を!

※画像等が途中ですが徐々に更新していきますm(_ _)m

※レイアウトが崩れ、情報も古いので、そのうち更新しまーす。。


アマゾン水系の産地の支流についてはこちらのサイトが参考になります。




ピラニア援助交遊ホーム