ピラニアとの出会い 出会い


 私自身の話ですが、はじめはピラニアを飼おうと決めていませんでした。  思っていたのは、水草や流木や岩なんかがある風景で、綺麗で可憐に泳ぐ魚たちに癒されて... なんてことを考えて、ネットをあさり、本を買い、魚を選んでいました。

 そこでズキュンと心を打ったのは、買った本(熱帯魚・水草スーパーカタログ2004〜2005 \1680)に載っていたピラニアナッテリー。水草の緑に映えるナッテリーの赤。うっすら斑点が残る若魚(推定10cm〜)でした。その後分かったのですが、その写真はアクアライフ 1986年4月号(No.81)の頃から使われていた写真でした。

そしてピラニアに決めてから、ピラニア情報の取得の毎日です。
生半端な気持ちでは飼ってはいけない魚です。しかしなかなかピラニア情報は少ないもので、
ピラニアサイト(詳しくはリンク参照)の掲示板の過去ログが一番の勉強になりました。
そして近所(?)の熱帯魚屋に電話し、ピラニア・ナッテリー、3cm前後の幼魚5匹を\777で買いました。


わたしの思うピラニア買いのポイント
■ @ 事前調査する。
 一般的な熱帯魚の飼育方法のおさらいから、ピラニアの飼育の仕方の特徴を押さえ、 本当に飼えるか、よく考える。

■ A ピラニアの種類を決める。
 誰が決めたか分かりませんが、(養殖による)流通量の多さからか、一般的にピラニアといったらナッテリーを指すようです。
 しかし、大きさや色や形や性格なんかも違うピラニアは数十種類(参考)いるようです。
 なかなか混泳できるものではないですから、よく考えて種類、固体を決めましょう。

■ B 計画を立てる。
 魚も決めたところで、まずは予算。毎月の維持費も考えましょう水代、電気代、エサ代は馬鹿にできません。
 そして水槽の設置場所や、家族の同意(←これが一番大変でした。今も。)。

■ C 魚を探す、買う。
 せっかく飼うのですから、いい個体を飼いたいものです。
 東京近辺では、PD熱帯魚センターまっかちんモンスターアクアリウム(他にもリンク有)が良い評判のようです。また、東京タワー水族館にはたくさんのピラニアがいますので、参考になります(買えます。高いけど...)。
 自宅からの距離や輸送手段もよく考えて、お店の人とコミュニケーションをとりながら
 そしてなにより魚の様子を良く見て決めましょう。

買った当初(3cm位) 2ヶ月後(10cm位) アベニーパファ



ピラニア援助交遊ホーム