ピラニアの餌 


 野生環境では人工飼料を食べるはずはないので、やはり生餌を好むといえます。グッピーなどメジャーすぎる熱帯魚と違って、ピラニア専用の人工の餌は売っていません。一般的には、1回に与える量を(5分で食べきれるくらい)少なめに1日に2・3回をメドに与えていると、食べ残しが減って水質の悪化を防げると言います。ピラニアに特化して言えば、成長期(20cm未満)には、1日1回から2回、とにかく腹が膨れるまであげる。その後成長が緩やかになってきたら、2日に1回で足りると思います。成長がストップしてから同じペースであげ続けることは、肥満につながります。混泳時であれば、逆になるべく餌は切らさない方が良いかと思います(それでも失敗することは多々ありますが・・・)。

 ピラニアは種類や固体によりますが、神経質な場合がほとんどで、かつ生餌を好む性質なので、どんなエサが良いか(栄養面、経済面、嗜好性、家族の理解)、、、けっこう難しい面もあるのです。
 "ピラニア" = "残酷&何でも食べる" というわけでもないのです。魚食性の熱帯魚はたくさんいますが、ピラニアの食べ方や歯の鋭さが、特に残酷性を強調してしまうのでしょう(実際ピラニアを見たことがない人も)。飼育下では、人が見ている前ではなかなか食べようとしないピラニアも多数います。


 しかしこの捕食シーンを見ることに野性的な醍醐味を感じる人は多いと思います。私もその一人です。家の来客者は大抵「餌を食べるところが見たい」、と言います。
 ただ勘違いして欲しくないのは、捕食シーンの主役はピラニアであり、もがき苦しむ生き餌がフォーカスされることには、甚だ腹が立ちます。 生き餌はピラニアの他、たくさんいる肉食魚の、生きていくための基本的な餌です。野生化においては生き餌(または死魚)が基本です。スーパーで売っている鮮魚も、人工飼料の原料も、元は生きていた魚です。生き餌に反対する人は、ベジタリアンで無い限り矛盾が多すぎます。
 少なくともピラニアを飼育している人、又はこのページを見た人は、上記のことを理解して飼育して欲しいと思います。


 私のあげたことのある餌のいくつかを以下に紹介します。



(1). ひかりクエスト カーニバル、キャット。おとひめ(人工飼料)

カーニバルカーニバル接写

 幼魚期のピラニア・ナッテリーたちの主食にしています。飼い始めてからカーニバルばかりあげていたので、たまにあげる生餌とは同居してしまいます。カーニバルは浮かぶタイプです。直径約1cm。沈むタイプの人工飼料としては、キャットがあります。東京タワー水族館の販売コーナーのピラニアの餌は、人工飼料(鯉の餌)だそうです。
@生餌より水が汚れにくい、A栄養のバランスがよい(成分表から)、B仕入れが楽、C賞味期限が長い、D生餌たちの餌ともなって楽、というメリットがあります。デメリットとしては、@餌やりを忘れると共食いの危険あり、A人工飼料を好まないピラニアがいる



(2). ヒメダカ

ヒメダカ
 10cm以下程度のピラニアたちには一口で食べられる調度よいサイズです。近所のお店では10匹180円、安いときで100匹で700円で売っていました。うちのナッテリーたちは生餌をあまり好まず、メダカが卵を産んだくらいです(その卵は金魚に食われました)。メリットとしては@食べやすい大きさAどこの店でも仕入れ易い、デメリットとしては、@大きさの割に高い。



(3). 金魚

金魚,小赤,別下,姉金 小赤50匹でこの程度
 大きさによって、小赤、別下、姉金などというようです。金魚のサイズが大きいと食べないで同居することがあります。写真の金魚は私がピラニア飼育当初、小赤として飼って約12cm...ピラニアよりもカーニバルを食べ、同居していました。糞の量が多い!餌というよりも"共食い防止"という役目を果たした気がします。(→結局同居3ヶ月後、餌になりました。)。
 ピラニアもある程度の大きさになるとガツガツ食いつくようです。家を留守にする時などは多めに水槽に泳がしておくと楽です。しかし一度に大量に入れると、噛み千切るだけで終わり→残飯→水質悪化、に繋がることも多いです。一口で入るサイズのものが水質悪化の面では良いと思います。
 また、頻繁に生餌を買いに行けないことも多いと思います。私としては、なるべく餌用の水槽を常備しておいて必要な分だけあげるようにすることをおすすめします。金魚を生餌の主力にしている人も多いと思いますので。ヒーターは必須ではないですが、エアレーションだけはしっかりやって飼いましょう。
 毎年3〜6月は新仔待ちの時期となるため、小赤は高くなります。この時期は100匹単位で売る店が少なくなります。私の中では子赤100匹で1000円が購入目安の値段です。

 金魚のメリットとしては、@どこの店でも仕入れ易い、A質量がある、B安い、C人工飼料をあげるとまっさきに食べに行くので、ピラニアも負けじと人工飼料を食べようとする(うちだけ??)。D大量に水槽にいれておいて長期お出かけができる(生き餌全般)。デメリットとしては、@病気を持ち込むかも("かも"です)、AビタミンB1破壊酵素(サイアミナーゼ)含、B大食→大量の糞、C水草を荒らされる

おすすめ(生餌)激安店1 → モンスターアクアリウム
おすすめ(生餌)激安店2 → PTE IN VIP



(4). まぐろ赤身

まぐろカーニバル刺し冷凍マグロ
 高級そうに見えて、結構金魚よりも単価が安いのでは。食べやすいサイズに切っておいて、冷凍庫に長期保存もできます。右の画像のようにカーニバルを刺してあげる、という方法もあります。半解凍くらいが刺しやすいです。
 メリットとしては、@どこのスーパーでも買える、A夕食の余りでよい、デメリットとしては、@脂(あぶら)が浮く、A栄養が偏りそう...というか無さそうなイメージ。



(5). ドジョウ

どじょう どじょう50匹くらい
 うちではあまり好んであげません。うちの水槽は底砂を敷いているので、そのなかに潜ってしまいます。水草も荒らされました。しかし栄養面では抜群という話もあります。ぜひあげて欲しい餌のひとつです。わたしはカップ1杯(大小ばらばらで50匹位)で800円で購入しています。 メリット、@栄養がある、A小赤より質量がある、B魚屋さんとかでも買えるかもしれない。デメリット@隠れる。A病気の感染が早い気がする。B死んだドジョウを放置しておくと、粘液がスゴイ。



(6). モエビ

藻えび
 大体100匹1000円くらいが目安でしょうか。残飯処理兼コケとり(?)を兼ねて同居しています。ヤマトヌマエビなどを入れたらもったいないので、安い藻エビです。お店でスジエビと見比べましたが違いがよく分りませんでした。多分クリル同様色揚げ効果があるのでしょう。仕事が休みの時にたまに多めに買ってあげてます。メリットとしては@色あげ効果、A残飯係兼務、B鑑賞用としてもよい。デメリットは@大きさの割に単価が高い、A残飯係として入れたらすぐ食われる可能性、Bどこの店にも置いているわけではない。C水合わせをしっかりしないと数日でバタバタ倒れる。

おすすめ(生餌)激安店 → PTE IN VIP



(7). アカヒレ

アカヒレフィンスプレッディングアカヒレ

 うちではもっぱら鑑賞用です。値段は10匹200円、50匹850円でした。千葉では有名なVIPでは、200匹980円です。ピラニアや金魚が食べたカーニバルのカスを食べています。買ってきた時は体の側面にまだ青色が残っていて、とても小さかったのに、今は食べ過ぎでフグ並におなかがぷくぷくとなってます。左側の画像は、フィンスプレッディングしているところを激写しました。メリットとしては@ピラニアが幼魚のときの生き餌に良いサイズ。A綺麗、B丈夫、C鑑賞用としたら安い。デメリット@本当に餌?

おすすめ(生餌)激安店 → PTE IN VIP



(8). ネオンテトラ

ネオンテトラ ネオンテトラ
 アカヒレが全く食べられないので、大丈夫かなぁと思って、50匹1200円で購入。水合わせをして入れて、3時間ほど外出して帰って見たら、ネオンテトラだけほぼ絶滅。生き残ったものをアベニーパファの水槽に入れておいたら、アベニーパファたちに(特に目を)かじられて、うちでは絶滅してしまった最弱の餌でした。メリットは@綺麗、デメリットは@単価が高い

おすすめ(生餌)激安店 → PTE IN VIP



(9). 雑魚(タイリクバラタナゴ♀&モツゴ&モロコ)

タイリクバラタナゴ&アカヒレ モツゴ&タイリクバラタナゴ&金魚
 (行きつけの店主談)中国だったか東南アジアだったかから輸入しているそうですが、たぶんほとんどのお店では日本産です(わざわざ輸入するものか疑問)。うちのそばのお店では、"雑魚"(ざこ)としてタイリクバラタナゴとモツゴ(クチボソ)を売っていました。10匹150円、100匹で1200円くらいでした。時期によっては100匹700円で買ったりしています。小赤が高い春はこちらの方を買います。タイリクバラタナゴのメス♀の背びれには黒い斑点が1つあります。たくさん入れると群れて綺麗です。タナゴは観賞用としてもよいです。金魚とともにピラニアと長期同居したりもしました。。。。雑魚としては
 メリット@群れて綺麗、A残飯係兼務、デメリット@どこの店にも置いているわけではない、A素早い、B滋賀県ではピラニア同様指定外来種(2007年5月〜)。

おすすめ(生餌)激安店 → PTE IN VIP



(10). 赤むし(冷凍)
あかむし冷凍水槽の中の赤むし

 ピラニアの幼魚にいいかもしれません。わたしは以前別水槽で飼っていたアベニーパファ用の餌として常備していました。ピラニアの餌としては幼魚の時にちょっとだけあげたことがあります。あげたとたんアカヒレと金魚の餌となりました。左の写真のもので\140くらいでした。ちなみに写真はキョーリンのまるとく赤虫




(11). ピラニア

ナッテリー
 ※合成です。テヘ★
 餌としてあげたことはありません。飼いはじめ、5匹買ったうちの1匹が食べられちゃいました。眼が病気か怪我かで眼が見えなかったのか、餌をあまり食べられず、他のナッテリーと体格差が出てきたときにやられました。金魚を食べないのになんで・・・??と思ったことがあります。32cmのブラックと15cmのナッテリーを2匹同居させたことがありますが、ブラックの入れない隙間を流木を重ねてスペースを作ってあげると、混泳がしばらく成功することもあります。1匹はやられちゃいましたけど。。
 ピラニアの、アマゾン現地での生態系のポジションとしては、トップに君臨するわけではなく、他の大型肉食魚やワニなどの餌となっているようです。その食物連鎖の中で生き残るために、物音や振動に敏感で、神経質・臆病と言われるのでしょうね。白身で小骨が多く、おいしいそうです。



(12). 猫の餌
 飼ってる猫がこぼしたカルカンの粒をなんとなく水槽に投入。しばらくしたらなくなっていた。金魚の仕業?材料や栄養的にはピラニアに合っている気も。。。そうしたらカーニバルよりかなり格安。2.5kgで598円くらい。メリット@もし食べるのであれば格安、デメリット@本当に食べるか不明。



(13). サンマのアラ
 夕ご飯のおかずに出たサンマを、焼く前にハラワタだけ取り出してあげてみたら、けっこう食いがよかった。しかしそのあとの水は無残... 。 メリットは@食いがよい、Aたぶん栄養がある。デメリットは@脂で水槽がヤバイことになる。



(14). 豚肉

豚肉こまぎれ
 これも食べるかなー、と思って、豚の細切れの脂の少ない部分をあげてみたら、食いつきはよかった。ただやっぱり脂が浮いて水質悪化がはなはだしい。メリット@入手し易い、A食いつきがよい。デメリット@水質悪化、A栄養が偏りそう。



(15). 牛ハツ
 牛ハツ 牛ハツ
 牛の心臓部分です。ハツは脂身が極端に少ないため、生肉の餌としては水質悪化を促進させない部位としてよく用いられます。ディスカスバーグの主原料です。豚ハツなども流用できるでしょう。イトーヨーカドーで100g180円で売っているのを買っています。私は1〜2cmの短冊〜サイコロ切り(適当に一口で食べられる大きさ)にして、家で使われていないネイチャーメイド・ビタミンBコンプレックスの粒を砕いて粉にして、ハツにまぶして冷凍しています。水溶性ビタミンだからちょっとは染み込むかなぁ、と思ってやったことがあります。あげるときはそのまま水槽に。成長に影響があるかもわからない上に、ビタミンB2のせいで水が黄色くなる可能性がありますが、私の気分的に栄養補給。うちではナッテリー用の餌の主力となりつつあります。
メリット@スーパー等で入手しやすい。A冷凍可能で結構長持ちする。B生肉のわりに飼育水が脂で汚れにくい。デメリット@食べないピラニアもいる、A単食には栄養的に疑問。。。



(16). 鳥レバー&鳥ハツ
 鳥レバー 鳥レバー
 鳥の肝臓です。心臓も一緒についてきました。牛ハツよりは安価でした(半額以下)。牛ハツ同様、一口大の大きさにカットすると水が汚れにくいですが、噛み千切られるとひどいことになります。。感想はこちら
メリット@お肉屋さんで安価に買える。A冷凍保存して長持ち。B栄養がありそう。デメリット@臭い。A牛ハツより水が汚れるかも



(17). 小アジ・豆アジ
  アジ アジ アジ
 スーパー等で売っている唐揚げ用の小アジ。スーパーでの単価は1匹あたり10円から15円くらい。サイズは10cm前後。生き餌では高い!という方や、頻繁に生き餌を買いにいけない方にはコスト的におすすめ。同様なものとしてワカサギなんかがあげられます。冷凍保存できるので保存は楽。ただし大型ピラニアでないと噛み千切られて水が汚れます。私はアジの口にカーニバルを詰め込んであげるようにしています。



(18). クリル
 クリル(ひかりFDビタミン) クリル
 熱帯魚飼育者には一般的にもかなりメジャーな餌ですね。淡水魚から海水魚まで幅広く使えます。いろいろなメーカーのものがありますが、写真のものはキョーリンのひかりFDビタミンクリル(100g)。280円の特価だったので購入したときのものです。生き餌から人工飼料への移行期に嗜好性の良さからよく勧められます。タンパク質やカルシウムが多いですが脂肪分も多いです。水を吸収して柔らかくなります。一般に単食は勧められていません。
メリット@どこの熱帯魚屋でも必ず売っている。A嗜好性が強い(らしい)。デメリット@脂が浮く。A粉が浮く。B大型ピラニアには小さい?



(19). ワカサギ(公魚)
 わかさぎ ワカサギ
 スーパーで売っているので購入しやすいです。サイズが9〜11cmほどの小魚ですので、中〜大型のピラニアにはちょうど良いサイズかもしれません。写真は35匹入って198円でした。冷凍ものをまとめ買いでしたら、500g150円が最安値でしょうか(→業務スーパー)。生き餌コストを抑えてくれると思います。おさかなマガジンなど様々なサイトでは金魚同様ビタミンB1破壊酵素(サイアミナーゼ)を含むとされていますが、本当に成長に危険を及ぼす影響が見られるかは不明で、症例も聞いたことなし。結構金魚の単食もやってる方多いですよね、でも後天的に背中の曲がったピラニアなんて見たこと無いです。一応単食は止めておいた方が無難なのかなーとは思いますが...。ちなみに東京タワー水族館の展示コーナーのピラニアたちの餌は、ワカサギのみだそうです。
メリット@スーパーで売っている。A数が多いのに安い。デメリット@脂が浮く。Aサイアミナーゼ?。



(20).冷凍マウス・ラット
  ホッパーマウス ホッパーマウス ピンクマウス ピンクマウス
 大型の熱帯魚を売っているお店や、爬虫類(特にヘビ・トカゲ系)を売っているお店で仕入れることができます。サイズの違いと様態の違いで呼び方が異なります。ピンクマウスは3〜5cmくらいのものがあります。"ピンク"はピンク色のことではなく、ピンキー(小指)サイズであることから名前がつけられています。毛が生えたサイズのものをファジーマウスとは呼びますが、大きさによってホッパー、ファジー、アダルト・・・と続きます。
また、ラットはマウスより大きい種類のネズミを指します。15cmから20cmのものも売っていますが、大抵のピラニアには噛み千切られると思うので、覚悟が必要です。
冷凍マウスは栄養価が高いと一般に言われていますが、詳細なデータは不明です。覚悟がある方は、マウス・ラットを自家繁殖するという手もあります。しかし生きたまま与えるのは、世間には理解されませんし、そこまでする必要はないことだと思う派です。南米現地でもネズミを食べることがあるようです。カピパラを食べるピラニアたちの映像を持っていますが、きっと死骸か、溺れかけたものでしょう。

我が家ではヘビも飼っているので、常に冷凍庫に常備されています。




(21). キビナゴ
 キビナゴ
 西日本方面ではメジャーな、スーパーの鮮魚コーナーで売られている小魚です。関東でも売っていますが、時季やお店により置いていない場合が多いです。サイズがワカサギより小さい(細い)ことが多いので、10cm〜40cm程度のピラニアにはちょうどよいサイズだと思います。身がしっかりしていて、底に沈みやすいです。ワカサギより脂が浮きづらい気がします。背中の黒いウロコは流水にさらし、手でさっと落とすと、給餌のときに水槽が汚れにくいでしょう。釣具屋でも冷凍餌として売られていることがあります。干物はとても栄養価が高い健康食品と扱われることが多いです。
 ちなみに35cmで買ったピラヤの前の飼い主は、キビナゴが主食だったそうです。
メリット@スーパーで売っている。Aサイズがちょうどよい。デメリット・・・?。



(22). 鮎、ニジマス
 ニジマス ニジマス 鮎
 私の場合、サイズの大きいピラニアには、アジを主食にしていますが、時期によっては、鮎やニジマスが主食になることも多々あります。大体1匹100円です。丸ごとあげることもありますが、水がすさまじく汚れますので、頭と内臓を取り除いてぶつ切りにすることが多いです。
 
メリット@スーパーで売っている。デメリット@ちょっと単価が高い。A時期によっては手に入りづらい(特に鮎)。B飼育者が食べてしまうw



(23). フナ
 鮎ニジマス
 フナを人工的に作ったのが金魚ですから、金魚と同様と考えてよいと思います。ただ、金魚同様、野生採取のものばかりですので、寄生虫等の持込のリスクはあります。フナに限ったことじゃないけどね。自分で採取できる方はうらやましいです。 我が家では、ピラニアよりもアルマータスの冬季の主食になります。
 
メリット@自分で採集できる。A単価は小赤とそんなに変わらない。デメリットは金魚と同様かな。





 他にメジャーなものとしてカエル(ツメガエルやウキガエル)、ディスカスバーグ、ワーム、鯉の餌、かまぼこなんかも食べるそうです。
 興味本位で何でも試してみたくなってしまいがちですが、メリット、デメリット、そして一般常識をよく考えてあげるようにしましょう。(こんな風な餌のやり方をしていると、一般の人には軽蔑の目で見られますよ。)





ピラニア援助交遊ホーム