奥さん内緒計画8

【計画8】.非現実的!?大型水槽計画。の巻き


 (2005/11/03) 無謀計画を企てる
これまで幾度となく様々な計画を実行して参りました。昔からの訪問客の皆様が今までの計画を見守ってくれたおかげでしょう。自分が立てた計画が他の方に役立つこともあったり、刺激される方もいたり(・・・たぶん)。もちろん自己満足も得られますし、奥さん内緒計画というこのコンテンツのこのサイトにおける存在価値の高さを感じます。

そして無謀計画。まずは下記の簡易な図をご覧ください。

(正面から) (左横から)


180cm×90cm×60cmオーバーフロー水槽導入計画です。
うっひゃー、そんなのできるわけねー!

・・・いや、しかしこれまで数々の計画を実行してきました。ですので4m水槽でピラルクを飼いたい夢なんかよりも、より実現可能・持続可能なものを考えるべきだと思い、結構具体的に練ってみました。
まず上に述べたように、新規に追加する水槽サイズは180cm×90cm×60cm、材質はアクリルになるでしょう。高さを60cmに抑えることでより現実的な価格になります。水槽は高さでアクリルの必要な厚みが決定されると言っても過言ではないほどの要素です。アクリルの厚みは13mm〜15mm。底面はそれ以下でも可能だと思っています。底砂は敷かずベアタンクにするか、厚さ1cm程度を目安に20リットルの量の溶岩石を薄く敷く(生物ろ過も期待)。その上に流木と石と、活着する水草数種をレイアウトします。飼育魚は未定ですが、ピゴケントルス(ピラヤ・ジャイアントイエロー・ナッテリー・ノタートス各複数)の大型混泳か、超大型ピラヤとヒュメラリスorマニュエリの飼育なんかが良いと思います(この場合はセパレータ)。

その水槽の下にろ過水槽として90cm×45cm×45cmのガラス水槽を縦に設置します。水槽だけなら安価に買えますものね!本当は専用の濾過槽をオーダーメイドして、水換え時の排水も容易にできるシステムにしたいのですが、現実的に安価に抑えるため、規格サイズの水槽をベースに濾過槽を自作します。濾過槽までのパイプや揚水された水が通る配管等の設備も、部品を調達して自作する事とします。ドライタワーは設置せず、最初のフィルターマットを入れるケースを、100円SHOPで購入できるプラスチックケースを工作し、しっかり物理ろ過できる厚さのフィルターマットを敷きます。ろ材は60cmエリアでリング形のろ過材を中心に溶岩石・軽石・サンゴ砂(少量)等も検討し、容量はガラス面を考慮して55cm×40cm×40cmで88リットル(グラスリング素材で約44kg)。揚水ポンプはカミハタのRio3100のパワーヘッドを用いることにします。50Hzで最大57リットル/分(最小32リットル/分)。全水量はsato試算(水槽容積×0.86)によりおよそ992リットルなので、全水量の回転時間は17分〜31分。揚水ポンプ領域に200W〜500Wのヒーターを併用し、最もコストダウンできるように最低1000W用意します。その領域には小サイズのピラニアを入れたい気持ちです。

濾過槽の隣には、現在のメイン水槽である120cm×45cm×45cmを上部式フィルター単独のまま設置します。飼育魚は現在のブラックを単独で(ネオンテトラは50匹ほど ←見向きもされないはず!)。なるべくセパレータで区切りたくありません。
そして120cm水槽の裏側のスペースには現在の60cm水槽ではなく、60×45×45cm水槽を60cm上部式フィルター+底面ろ過で設置したいです。基本的に生餌はやらないので、生餌水槽にはせず、そこにもピラニアを・・・

これらを設置できる水槽台も必要です。かなりの強度が要求されます。そして1畳スペースに総重量が1.5トンを越える重みに耐えられる床も・・・つまりこの計画を達成するには家も買わなくてはならないですね!。まぁ家の話は置いておいて、これらの設備にかかる想定予算についてはある程度考えていますが、後日またここで具体的に載せたいと思います。
しかしこれを見た方はいかがでしょうか。まだ現実的ではない計画ですが、時間があったら感想をぜひお聞かせ願いたいです。⇒メール(supoka@infoseek.jp ※件名に"ピラニア"の文字を含めてください)。お待ちしています。




 (2005/11/10) 水槽について調査してみる
大型水槽を注文することを想定して、今からお店を探してみました。ちなみにかねだい久喜店で大型水槽の無料見積もりができる貼り紙があったので聞いてみたところ、

・水槽(180cm×90cm×60cm 底面黒 オーバーフロー加工)  ⇒ ¥268,000
・アングル(50mm角ベタ足)  ⇒ ¥78,000
・蓋  ⇒ ¥26,800
・マグネットポンプ (たぶんレイシー製のどれか)  ⇒ ¥25,000

とのことでした。水槽は思ったより高いかなぁ。。。最近アクリルの価格が上がっているとか。濾過槽が90cmレギュラー水槽だと小さいと言われましたが、特注の上部ろ過フィルターでも容量は40リットルくらいなので、作り次第では十分のように思えました。このお店には90cm×90cm×60cmオーバーフロー水槽と、120cm×90cm×60cmのオーバーフロー水槽があり、両方でかい!奥行き90cmはでかいです!


そしてネット上で対応できそうなサイト&役立ちそうなサイトを挙げてみます。
アクリル工房 宝来屋
Aquarium水槽工房 大型アクリル水槽専門店
マコト工芸
大 阪 ア ク リ 水 槽
アクリル水槽の研磨・キズ取りのご案内
サクラペット
AQUA ZONE
富士アクリル工業
有)アクアマリン
アステックス株式会社
アクアショップA・Z
有限会社 アクアティクス・イデア
千葉の熱帯魚屋 シーアップル
水槽メーカー選定
ペットランチ
アクアスタジオ235
株式会社東峰(ToHo)
アクアリウムコレクション(オーダーメイドガラス水槽)
関東建鉄株式会社
BIGIN ワールドフィッシュ ビッグイン


探せばもっとあるでしょう。180cm*90cm*60cmはかなり大きいですので失敗は許されません。なによりも耐久性・安全性を最優先させたいと思います。とは言いつつもお金が・・・ですので先人の方々の評価がとても気になります。このサイズ以上の水槽を持つ方は、アロワナ・エイ・ガーパイク・ピラルクー・大型ナマズを飼育されている方々が多いと思います。ですのでしばらくの間この種の魚をコンテンツとしたHPにお邪魔しに行って、調査することにしたいと思います。
でも質問君は嫌われそうで・・・小心者です。(だから自分でサイトを立ち上げた!?)

これまで見た評価としてはhttp://www.aro.to/suiso/suisom.htmが気になります。広告があるからといって良いとは限らない、というのは納得。アクリル水槽製造専門店でないと、他の業者に丸投げされる可能性があり、責任の所在が不明かつ、中間マージンがもったいない、さらにどんなものができるか担当者に聞いてもダイレクトに正しい答えが聞けにくそう。あとアクリル板にも素材の良し悪しがあったり、接着に使うものにも良し悪しがあるようです。またメタルハライドランプなどの熱により、アクリルが湾曲したりなんていう、使う側の思わぬ失敗話も。
金が無いので価格優先で行きたいですが、それで失敗している先人の方々が少なからずいらっしゃるようなので、アクリルの素材や送料等も含めて、慎重に考えたいと思います。
濾過槽の工夫についてはアクアリウムコレクションのサイトがとても参考になりました。ろ過容量は少ないかもしれませんが、とりあえず上に載せた画像のスペックをベースに、色々工夫したいと思います。まず大型魚HPの調査と平行して何社かに問い合わせて、相見積もりをし検討したいと思います。まだ早いか!?




 (2005/11/12) ピラニアの飼育数について考える
上の水槽プランだと、大型のピラニア数匹しか飼えないので、小型でもいろんな種を飼いたい欲求が満たせないなぁ、と思い、下記のような水槽案を考えてみました。

(正面から) (右横から)


これで4種の単独飼育が可能となります。水槽は上から[1].45cm×30cm×36cm、[2].45cm×30cm×30cm、[3].60cm×30cm×30(36)cm、[4].60cm×30cm×36cm。一般的なガラス水槽をオーバーフロー加工して自作したいと思います。揚水は、最下部の水槽に底面フィルターを設置し、120cm水槽のスペースに置いたコトブキのパワーボックス90と接続(←安いから)。ろ材は12リットル+3〜4リットルと想定。水量は150リットルを超えるでしょう。地震対策も突っ張り棒を利用したりします。 問題はガラス水槽をオーバーフロー加工することができるか?ということですが、以前DIYをコンテンツとしたサイトを見つけていたので(⇒★えんのしたの魚たち)、そちらを参考にしてみます。アクリル板に穴をあけるドリルがないので、そこも課題です。

こんな感じだといくらになるか予想見積もり・・・

オーダーメイドアングル\30,000
水槽[2]\2,000
水槽[3]\2,000
パワーボックス90\7,000
ヒーター本体300w\1,000
ウールマット\500
ろ過材\10,000
ライト×2\5,000
パイプ類\3,000
シリコンボンド\800
アクリル板3枚\4,500
底面フィルタ\1,000
パワーハウス溶岩石4リットル\2,000
合計約7万円かー。結構な値段になるなー。アングルがいくらになるかでかなり変わりそう。ホームセンターにあるメタルラックなら1枚あたり75kgの耐重力があって、4段で\3,000〜\4,000でありますし、それをちょっといじったり補強することも案に入れておいた方がいいですね。
また大型水槽でも言えることですが、ろ材の素材を何にするかでこれも相当値段の幅が広がりそう。でもまぁ何にせよ180cm以上の高さまで4段に重ねたこのアイディアは、正面から見たら結構迫力あると思うなぁ。

飼育魚:未来


ところで、、、この中に入れる飼育魚は何にしようかな・・・。希望としてはマクリピンニス、ブランドティ、ヒュメラリスかエロンガータ、そして最下層はチャカチャカ★。あ、でも大型水槽の方でブラックアロワナと淡水エイも飼いたい。悩むなぁ・・・



 (2005/12/04) ハウスメーカーを訪ねてから1ヶ月以上経ち・・・
日記に近況を報告中!



 (2005/12/10) 大型水槽の使い道・・・
日記に近況を報告中!



 (2005/12/17) 見積もり返却・・・
日記に近況を報告中!



 (2005/12/23) 水槽部屋の問題・・・
日記に近況を報告中!




 (2005/12/25) 再検討してみる
ハウスメーカーとも契約を終わらせ、細かい仕様を詰めています。大手のハウスメーカーですと、パーツが限られていることが多く、応用がなかなか利きません。こういったところは一般の工務店に頼むのが良いかもしれませんし、有識・実績のある熱帯魚店・アクリル水槽メーカー等に設計を依頼するのも手かもしれません。とにかくこちらの思いが伝わりにくいし、提案が皆無、過去の実績もない上に、提携している業者以外に問い合わせることがない。。。だから素人である私自身が責任をもって案を練らないといけません。


そこで日記に載せたこと、載せていないけど色々打ち合わせや見積もりで出した案などを見直す必要があります。ベースは変わらないのですが、実際プロはどのように見るのか、とても気になります。大型水槽を自分で設計して導入する方へ、私の経験ですが、見積もりを出しても、なかなかプロは的確なアドバイスはないです。要望をそのまま受け入れます。だから現実的でない案や、管理が大変な案、安全性に不安がある案であっても、1対1でしっかり話して伝えないと、見積もり案に対するアドバイスや提案はありません。


で、荒川区にあるアクアラインさんに、マクリピンニスと、淡水エイ等南米系の魚を見に行くついでに相談してみました。・・・かなり甘い計画らしいです。実際に毎日大型水槽を管理している方々の言葉は重いです。一番の問題は最上段の水槽の管理と、水の循環。ここでは載せていませんが、最上段もオーバーフロー化し、カミハタのRioシリーズで揚水しようと思っていたのですが、時間当たりの水量を考えているか?ということ。水量が多ければ最上段の水槽の水流は大変になるよ、とのことです。水中ポンプは2台併用して、小さいやつを最上段に使おうと思っていましたがそれでも毎分20リットル以上の予定でした。また濾過槽のサイズと流水量のバランス。またコケとったりするのも大変だとか etc...。色々見積もりが甘いだろうなぁということは想定はしていましたが、とてもよい勉強になります。しかし私好きの魚ばかりがたくさんいるお店です!


また、大型水槽を直接色々見て思ったのですが、奥行き90cmの水槽ですと、150〜160cmの高さでは奥まで手を伸ばすのは大変そうです。しかも私の計画はさらに3段ですから。はっきり言って無謀。そして何を飼うのか?ということも実は確定していません。大雑把に言うと、まだ悩み中だからとりあえず何でも後で入れられるようにでかく。・・・甘いですよね。私だったらまず飼いたい魚を決めてからにすれば?と言いたくなります。私が飼いたいピラルクではスケールが10倍くらい違います(高さも含めた水量でね)。とはいっても超大型のピラヤやブラックでも180*90*60cmに単独では勿体無い気もします。

私がピラルク以外で飼いたい魚たちには、180*90*60cmもの広さは必要不可欠なものではないんですよね。そして観賞の面で言えば、前面の1面しか見れないよりも、多方向から観賞できる方が、ただデカイよりも違った見方ができます。また管理のことも考え直し、今のところ以下のような案にたどり着きました。




最上段は150cm*30cm*30cm、セパレータで30cmの部屋を5つ作ります。上部フィルターっぽくオーバーフロー。揚水は画像にはないですが、壁の左奥に棚を作り、エーハイム2215を通して揚水します。
中段は140cm*100cm*60cm。どうせフルオーダーメイドになるのでイレギュラーな形にします。できれば帯無し、底面黒。側面13mm-底面10mm。溶剤接着。右奥にオーバーフローの筒を設置。円柱かコーナー型か迷いますが、たぶん円柱形にすると思います。糞取り用にアクア工房のフィッシュレットを使うでしょう。
下段奥は120cm*45cm*45cmの一般的なガラス水槽を安く仕入れて濾過槽にします。たぶん3層かな。ウールボックスを手前に自作で設置し、ろ材は軽石(想定100リットル超)。揚水ポンプはRio3100。
下段手前は今持っている120cm*45cm*45cm水槽に、ピラニアはブラック一匹飼い。たぶんネオンテトラ等の小さすぎて食べられにくいものも入れるでしょう。


水槽台は左のような3段水槽。幅150cm、2段目の高さは90cm、2段目から3段目の高さは75cm、1段目・2段目の奥行きは100cm、最上段は奥行き30〜35cm。右奥にスチールが不可欠かは業者に聞いてからにします。必要であれば奥の壁まで伸ばしてスチールの柱を落とします。6cm角、または7.5×4.5cm角のスチール素材。色はノーマルに黒。

部屋は有効寸法で、幅195cm×奥行き175cm×高さ240cmの部屋です。水槽と右の壁の間は、一番出ているスチールとの間でも45cm。最低限通れる広さです。電源の位置はたぶんこんな感じになると思いますが、排水口や蛇口、換気扇の位置は再度ハウスメーカに確認してからです。空いているスペースや目隠し、細かい器具、飼育魚等は載せていませんが、骨組みがこんな感じでしょう。水槽の掃除の際はミニ脚立を使います。照明は部屋のシーリングコンセントに取り付けられる吊り下げ式のもので全体を照らし、オモリ代わりに中古の60cm〜90cm用上部式蛍光灯等を載せるでしょう。水中ランプ案もありますが、そこは未定。水草水槽ではないので照明の強さはいりません。重要なのは雰囲気。

で、魚を除く総予算は35〜40万の予想!金がないので140cm*100cm*60cm水槽とそれに引き続く器具類(これらで20万超)・飼育魚は後回しになるでしょう。アドバイスがあったら早めにメールしてくださいね。





 (2005/12/29) 優柔不断・・・
今日業者に140cm*100cm*60cmについて電話して聞いてみました。まず、100cmは無意味に高くなるとのこと。あと幅を140cmにしても、150cm幅と値段は変わらないとのことでした。アクリルをカットして製造するので、その大元のアクリル板をいかに有効に使うかで価格を抑えることができるようです。120cm幅にすると、また一段価格を抑えられるとの事ですが、120cm*120cm*60cmは?と聞いたら、たぶん180cm*90cm*60cmと変わらなくなるよ、とのことでした。

  うーん・・・

    うーん・・・

      1月中旬までには決定しないと、家自体の方が滞ってしまう・・・


今までの案も踏まえ、今は下記の3案があります。濾過槽はすべて120cm*45cm*45cmは変わりません。蛇口等の位置は未定です。金額は水槽本体のみの予想。ちなみに中段のメイン水槽では、今のところ南米系の中大型魚の混泳水槽にする予定です。


【案1.180cm× 90cm×60cmメイン案】

当初の案です。
■良
 ・180cm× 90cm×60cmは案の中で最大の幅!
 ・上段や下段に大小のピラニアを数多く入れることができる
   (上:小型ピラニア4匹〜6匹、下:大中型ピラニア2〜3匹)
 ・水槽部屋を前面から見たときのパノラマ感が良い
 ・大抵の大型魚の飼育が可能
■悪
 ・側面が見れない
 ・中段のメイン水槽の管理が最も大変
 ・上段の水槽の管理も(奥にあって)最も大変
 ・3案の中で価格が最も高い
 ・ハウスメーカーとの詳細な打ち合わせが必要(幅とかの関係で)

上段:150cm(120〜180cm)*30cm*30cm(30cmごとのセパレータ)(3万〜) 5万
中段:180cm*90cm*60cm   20万
下段:120cm*45cm*45cm(濾過槽) 0万
    120cm*45cm*45cm   1万
     90cm*45cm*45cm   0.5万



【案2.140cm× 90cm×60cmメイン案】

前回の案の奥行き90cm版です。
■良
 ・前面から見た幅(パノラマ感)は3案の中間
 ・上段に小型ピラニア5匹
 ・横壁との間が最小約43cmで、ぎりぎり側面から見れるし管理もできる。
 ・140cmでも大抵の大型魚の飼育が可能
■悪
 ・3案の中で最もパンチがない(逆にメリット?)
 ・横壁との間が約43cmで観賞できるか!?
 ・幅150cm水槽と価格が同じでちょっともったいない
 ・下段の水槽に120cmレギュラー1本で、大型のピラニアを追加できない

上段:150cm*30cm*30cm(30cmごとのセパレータ) 5万
中段:140cm*90cm*60cm   17万
下段:120cm*45cm*45cm(濾過槽)   0万
    120cm*45cm*45cm   1万



【案3.120cm×120cm×60cmメイン案】

なんと幅も奥行きも120cm版です。
■良
 ・奥行き120cmは3案で最大・パンチがある
 ・横壁との間が最小約63cmで、余裕を持って側面から観賞できる。
 ・ヘタしたら横壁との間の奥に水槽を追加できるかも。
 ・下段前面の水槽を問題なく奥行き60cmにできる。
 ・淡水エイマニアに羨ましがられそう。
■悪
 ・パノラマ感が3案で最も低い
 ・入り口との間が最も狭い
 ・下段に大型のピラニアを何とかセパレータで追加できるが、幅60cmはやや狭い?

上段:120cm*30cm*30cm(30cmごとのセパレータ) 3万
中段:120cm*120cm*60cm   20万
下段:120cm*45cm*45cm(濾過槽) 0万
    120cm*60cm*45cm   2.5万



あなたならどれを選択しますか?どれもダメですか?



 (2005/12/30) 内緒計画なのに・・・
奥さん内緒計画ですが、奥さんに相談。そうしたら、

は?どうでもいいんだけど。

愛がたっぷり入った優しい言葉でした★。とても参考になります。




 (2006/03/18) 建築中
家はマジで作られています!もう基礎までできています。笑っちゃいますね。しかし千葉の田舎なのに狭小住宅なので、水槽部屋は満足がいくサイズでは無いのですが、ここまでこれたことだけでも良かったと思います。蛇口や排水溝、電源や床補強、内装等については、すでに1月中に出していますので、そのままの計画で行われています。

その計画では、上記の案2を想定した形になっています。ただ悩み中。。。右の横幅が40cm程度の計画ですが、実際はさらに狭くなっちゃうんじゃないかと心配です。蛇口は壁の奥に設置したので、隙間に入れなったら意味がありませんね。まだ水槽台と水槽の注文はしていないので、水槽について再検討するかもしれません。

今日は東京ベイ熱帯魚に行って、120cm×120cm×50cmの水槽を見てきました。3方向から見れるので、180cm×90cm×60cmの水槽を正面で見るよりもずっと大きく感じました。

日記にも書きましたが、悩んでいます。なんとか満足するものにしたいです。




 (2006/03/24) 想定飼育魚
何を飼おうか、ずっと決まっていませんでした。
実はピラニア以外の南米魚を飼おうと漠然としていたのですが、今日東京タワー水族館に行って決めました。


ピラヤ!


ピラヤ!ピラヤを中心に飼い込もうと思います。想定ではピラヤだけで2〜3匹。あとはピラヤよりサイズが小さいナッテリーを複数。ナッテリーも大好きですが、日記に載せたように、サイズアップには水槽サイズと混泳が重要な要素のようなので、もしかしてナッテリーが犠牲になるときが来るかもしれませんが、ここは割り切って挑戦しようと思います。



 (2006/04/01) 交渉決裂・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/04/03) 経過措置計画
上の日記に書いたように、とりあえず引越しと同時にアクリル水槽を入れるのはあきらめました;_;)。。なので予算ができるまで、現在の自己資金+もらい物+DIYでやれる範囲で計画を練り直しました。

120×60×45cm案です。

ガラス水槽であれば\25,000程度で新品を仕入れることができます。いろいろな人が試された実績のあるよしをのホームページの外掛け式オーバーフローシステムを自作します。濾過槽は現在の120×45×45cm水槽で、ドライタワーを併用。ろ過材は軽石。そしてブロアーポンプを使用し濾過槽をエアリフト式底面ろ過にします。揚水はカミハタのRio2500。一応この計画では、停電の際にも上段の水槽から飼育水が溢れないように、下段の濾過槽を仕切っています。

この計画のテーマは、あくまで“経過措置”ですので、150×90×60cmオーバーフロー水槽をあとで導入しやすいように計画しました。150cm水槽導入時は、濾過槽やアングル下のシステムはそのまま踏襲し、120×60×45cm水槽は、濾過槽の前に持ってきます。そしてコケ防止のため殺菌灯を設置する際に、Rioのパワーヘッドを1つ追加する予定ですので、濾過槽からの揚水は、ポンプ2つを使用することになります。
前の計画と大きく変わったところは、アングルを3段にせず、2段にしたことです。これは管理の面で長期維持は面倒だとの意見を優先したためです。
画像には無いですが、別に120×30×25cmのアクリル水槽(脱着可能仕切り版付き)を設置し、小サイズのピラニアを楽しみます。すでにこのアクリル水槽とスチール架台は、アクリル工房 宝来屋さんに注文済みです。

一応参考にした自作オーバーフロー濾過システム&濾過槽のDIYページを下に載せます。
http://www.yoshiwo.jp/jisaku/ovflow/index.html
http://bird.zero.ad.jp/~zau16158/framtool.htm
http://www.katch.ne.jp/~heheheheichan/jisakurokasou.html
http://suspect.s21.xrea.com/of.htm
http://www.aquatailors.co.jp/aquacastle/over000.htm
http://happy.ap.teacup.com/monoliththeater/296.html
http://www.try-na.com/ennosita/rokasou.html


だれか...150×90×60cmオーバーフロー水槽ください;_;)。。(→図々しい!)



 (2006/05/13) 水槽台
こちら(2006/05/13)と、こちら(2006/05/14)に近況を報告中!



 (2006/05/27) 移動準備・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/05/29) 移動実行!・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/06/01) 120*60*45cm水槽立ち上げ!・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/07/07) オーバーフロー水槽の濾過槽を自作中・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/07/27) 120cm×30m×25cmのアクリル水槽到着・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/08/06) 水槽部屋のシンク(流し台)を自作・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/09/16) 途中経過 水槽部屋の様子・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/09/25) 150cm(W)×90cm(D)×60cm(H)水槽を注文!・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/11/10) 床下蓄熱放熱器の効果・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/11/26) つ、ついに水槽到着!しかし・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/12/08) 水槽部屋現状報告・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/12/16) 想定水槽イメージ・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/12/19) 150cm水槽水入れ〜オーバーフロー試運転・・・
日記に近況を報告中!



 (2006/12/27) 年末ピラニア水槽状況・・・
日記に近況を報告中!



 (2007/1/22) 奥さん内緒計画8 完了
日記に完了報告!

いや〜、とうとう計画も終了。
無謀な計画だったのに、いつの間にか土地や家まで買い、水槽どころか大型ピラヤまで仕入れることができました。やはり目標をたて、そして計画を立てることが大事ですね。計画に向かってコツコツ目の前の問題を解決していくことで、何とか実現できるものです。

とりあえず奥さん内緒計画8  






ピラニア援助交遊ホーム