管理人 飼育ピラニア紹介


 ピラニアの魅力とは?・・・以前外来魚関係でTV取材された時に初めて面と向かって聞かれましたが、その時は回答を準備してなくて「牙が魅力的」と答えました。
 確かに牙は魅力です。他の牙魚も大好きですし、昔から肉食動物自体も大好きです。肉食=強い、という先入観があるからかもしれませんが、ピラニアについてはどうも「強い」というものは当てはまらない気がします。強いて色々挙げるとすると、「牙」「危険」「綺麗」「迫力」「一般に有名」「飼育魚としてはマイナー」「すでに愛着がある」etc…だからでしょうか。

 まぁ色々魅力はあるのですが、結局は「ただそばにいるだけで魅力的」なんです。この境地まで達すると、よく起こりがちなピラニアに飽きることはありません。そんなこだわりが無い様で、実は結構ある管理人satoの飼育しているピラニアたちの紹介をします。
(過去の設備や飼育魚たちはこちら、   現在の水槽設備についてはこちら。)



飼育魚
2007年5月時点のピラニア達です。飼育開始順。(写真は古いかも)



ピラヤ5号

ピラヤ1 ピラヤ2
ピラヤ3
ピラヤ4
ピラヤ5

■【種類】
 Pygocentrus piraya 、ピラニアピラヤ

■【サイズ】
 30cm(2007年8月時点)

■【産地】
 サンフランシスコ川

■【飼育期間】
 2007年8月飼育開始(当初30cm)

■【餌】
 ワカサギ (冷凍してストックし、冷水で解凍後、丸ごとあげています)、小赤、姉金

■【性別】
 不明 (う〜ん、体高があるから雌っぽいかな。自信なし)

■【飼育環境】
 120cm(W)×60cm(D)×45cm(H)水槽

■【その他特徴】
 すでに30cmものサイズであった奴を購入。飼育当初、150cm水槽(ピラヤ1号、2号、3号、ジャイアントイエロー)に入れ、混泳させようとしましたが、ボロボロに・・・(主犯人はピラヤ2号)。その後水槽移動を行い奇跡的に回復という経緯をもった手のかかった奴でした。
 お店在庫時からややエラ捲れという特徴がありますが、頭部の丸さ、アゴの厚みや体自体の厚み、体高など、体形は私好みの個体です。尾ビレは体のサイズに対してはやや小さいバランスという特徴もあります。
 

ページトップへ


ピラヤ4号

ピラヤ1 ピラヤ2
ピラヤ3
ピラヤ4
ピラヤ5

■【種類】
 Pygocentrus piraya 、ピラニアピラヤ

■【サイズ】
 12cm(2007年8月時点)

■【産地】
 サンフランシスコ川

■【飼育期間】
 2007年5月飼育開始(当初7cm)

■【餌】
 ワカサギ (冷凍してストックし、冷水で解凍後、丸ごとあげています)、メダカ、小赤

■【性別】
 不明 (雌であることを祈ってます)

■【飼育環境】
 120cm(W)×30cm(D)×25cm(H)水槽

■【その他特徴】
 幼魚斑も消えた7cmサイズを購入。サイズがまだ小さいことと、クリア水槽であることの影響で、まだ朱色がのっていません。
 お店で何匹かいる中で、「雌」と予想して選択しました。体高というよりも、下腹部(尻ビレ付近)が何となく下にふっくらしていたためです(上の写真じゃ分からないですね・・・)。いつかサイズが20cm〜25cmくらいになったら、150cm水槽で他のピラヤたちと同居させる予定です。そして非現実的だった奥さん内緒計画7を実行したいと思っています。それまであと2〜3年かな・・・。
 

ページトップへ


ピラヤ3号   (動画1→

ピラヤ1 ピラヤ2
ピラヤ3
ピラヤ4
ピラヤ5

■【種類】
 Pygocentrus piraya 、ピラニアピラヤ

■【サイズ】
 23.5cm(2007年9月時点)

■【産地】
 サンフランシスコ川

■【飼育期間】
 2007年5月飼育開始(当初21cm)

■【餌】
 ワカサギ (冷凍してストックし、冷水で解凍後、丸ごとあげています)、小赤

■【性別】
 不明 (たぶん雄)

■【飼育環境】
 150cm(W)×90cm(D)×60cm(H)水槽

■【その他特徴】
 5cmサイズのものを90cm水槽で1年3ヶ月育て、21cmまで成長したものを譲り受けました。餌は小赤が中心だったとのことですが、ワカサギを中心にしたいと思います。
 体高が低めなので、雄かなぁと予想しています。エラが若干めくれていますが、重症ではなさそうなのでそのまま。他のピラヤ1号ピラヤ2号、そしてジャイアントイエロー150cm水槽で同居中。導入当初、ソッコーで2cm小さいホワイトピラニアにやられまくったので、ホワイトピラニアを隔離した経緯があります。
 

ページトップへ


ピラヤ2号   (動画1→ 、  動画2→

ピラヤ1 ピラヤ2
ピラヤ3
ピラヤ4
ピラヤ5

■【種類】
 Pygocentrus piraya 、ピラニアピラヤ

■【サイズ】
 30cm(2007年8月時点)

■【産地】
 サンフランシスコ川

■【飼育期間】
 2007年2月飼育開始(当初27cm)

■【餌】
 アジ、ワカサギ (冷凍してストックし、冷水で解凍後、丸ごとあげています)

■【性別】
 不明

■【飼育環境】
 150cm(W)×90cm(D)×60cm(H)水槽

■【その他特徴】
 10cmちょっとのサイズでショップに入り、2年で27cmまで成長したものを購入。お店では120cm(W)×60cm(D)×60cm(H)水槽で他のピラヤと混泳していたそうです。餌はアジが中心だったとのこと。それを継承したいと思います。
 額の盛り上がりがかなりあります。35cmのピラヤと混泳中。27cmですが、体の厚みはもう一匹とあまり変わりません。
 しかし、35cmピラヤに追いかけまわされています。う〜共食いが怖い、心配。

ページトップへ


ピラヤ1号   (動画1→ 、   動画2→

ピラヤ1 ピラヤ2
ピラヤ3
ピラヤ4
ピラヤ5

■【種類】
 Pygocentrus piraya 、ピラニアピラヤ

■【サイズ】
 35cm(2007年8月時点)

■【産地】
 サンフランシスコ川

■【飼育期間】
 2007年1月飼育開始(当初35cm)

■【餌】
 アジ、ワカサギ (冷凍してストックし、冷水で解凍後、丸ごとあげています)

■【性別】
 不明

■【飼育環境】
 150cm(W)×90cm(D)×60cm(H)水槽

■【その他特徴】
 10cmから飼育を開始し、3年半で35cmまで成長したものを譲り受けました。ちなみに1年で25cmくらいまで成長したそうです。生き餌は食べず、専らキビナゴやアジなどをあげていたとのことで、私もそれを踏襲し、ワカサギをあげています。生き餌は食べないとのことなので、ホワイトピラニアと同居しています。広い水槽で水流をつけているせいか、この巨体でよく泳ぎます。40cmを超えるように飼育したいと思っています。

ページトップへ


ホワイト   (動画1→

ホワイト1 ホワイト2
ホワイト3
ホワイト4
ホワイト5

■【種類】
 Serrasalmus.sp 、ホワイトピラニア 
 (追記:→成長後の様子は、Serrasalmus,rhombeus ブラックピラニアのようです)

■【サイズ】
 19cm(2007年5月時点)→2007年5月死亡

■【産地】
 不明

■【飼育期間】
 2007年1月飼育開始(当初15cm)

■【餌】
 小赤、姉金

■【性別】
 不明

■【飼育環境】
 150cm(W)×90cm(D)×60cm(H)水槽

■【その他特徴】
 こいつは種類が分からないです。ブラックピラニアということで譲り受けましたが、黒い水槽環境でも全く黒くなりません。目は真っ赤。頭部はかなり鋭角。ウロコはギラギラが若干ありますが、ダイヤモンドブラックという程でもありません。エラの下に若干の色味があります。光の当たり具合によっては円状の幼魚斑が薄っすら残っています。ホーランディのような特徴もありますし、トカンチンス産のブラックや、シングー産のバイオレットブラックのような様態でもあります。とてもよく似た15cmくらいのタパジョス産のブラックも見たことがあります。
トカンチンス1 トカンチンス2 シングー1 シングー2
画像提供→まっかちん

 差し当たりよく分からないので、見たまんま「ホワイトピラニア」と呼びます。(経過後の様態の変化を見ると、rhombeusのようです)
 前飼い主は5cmくらいから飼育して1年未満で15cmのサイズに成長し、譲り受けました。餌は生き餌中心だったとのこと。今はピラヤたちと一緒に150cm水槽で泳いでいます。ピラヤのヒレを齧ります。アゴにコブがあったので切除。飼育開始からしばらくの間、成長がとても良いです。

ページトップへ


エロンガータ   (動画1→

エロンガータ1 エロンガータ2
エロンガータ3
エロンガータ4
エロンガータ5

■【種類】
 Serrasalmus elongatus 、エロンガータピラニア

■【サイズ】
 14cm(2007年5月時点)

■【産地】
 不明(たぶん時期的にペルーのイキトスから発送されたもの)

■【飼育期間】
 2007年1月飼育開始(当初13cm〜14cm)

■【餌】
 生き餌(小赤、姉金)。3日に1回。

■【性別】
 不明

■【飼育環境】
 120cm(W)×30cm(D)×25cm(H)水槽

■【その他特徴】
 目が真っ赤なのが印象的なエロンガータ。わずかにエラ下にオレンジ色がありますが、たぶん真っ赤にはならないでしょう。とても残念なことに、狭い飼育環境なのでアゴが擦り剥けてしまっています。本当ならもっと広い水槽で飼いたいです・・・

ページトップへ


セルラータス   (動画1→ ※コブ取れかけ 、  動画2→ ※水槽移動直後

セルラータス1 セルラータス2
セルラータス3
セルラータス4
セルラータス5

■【種類】
 Serrasalmus serrulatus、ピラニアセルラータス(通称オニギリピラニア)

■【サイズ】
 16cm(2007年8月時点)

■【産地】
 ネグロ川

■【飼育期間】
 2006年7月から飼育開始(当初11cm)

■【餌】
 カーニバル、1日約10本

■【性別】
 不明

■【飼育環境】
 120cm(W)×60cm(D)×45cm(H)水槽

■【その他特徴】
 エラの下にちょっとオレンジ色が入り、全体がちょっと褐色っぽいところが、一般のオニギリピラニアとちょっと違う特徴です。そこが気に入って買いましたが、オールクリア水槽に移動してから色が飛んでしまいました。唯一餌をカーニバルのみで飼育できています。
 こいつは購入したとき、アゴにとても大きなコブがあったので切除手術を2回施したことがあります。120cm(W)×30cm(D)×25cm(H)水槽から120cm(W)×60cm(D)×45cm(H)水槽に移し、飼育スペースは広くなっているのでアゴは綺麗になるでしょう。

ページトップへ


ラインノーズ

ラインノーズ1 ラインノーズ2 ラインノーズ4
ラインノーズ5

■【種類】
 Serrasalmus geryi 、ラインノーズピラニア

■【サイズ】
 19cm(2007年5月時点)

■【産地】
 不明

■【飼育期間】
 2006年8月から飼育開始(当初18cm)

■【餌】
 生き餌(姉金、小赤)、1〜2日1匹

■【性別】
 不明

■【飼育環境】
 120cm(W)×30cm(D)×25cm(H)水槽

■【その他特徴】
 飼育当初からアゴにコブがありますが、今の飼育環境も狭いためそのまま放置しています。飼育当初数ヶ月は目の前で生き餌を貪る刺激的な奴でしたが、水槽移動を行ってから食いが悪くなり、そのまま今もあまり食いがよくありません。狭い環境の影響もあるかも・・・。
 ちなみに人工飼料は食いません。

ページトップへ


ブラック   (動画1→

ブラック1 ブラック2
ブラック3
ブラック4
ブラック5

■【種類】
 Serrasalmus rhombeus 、ブラックピラニア

■【サイズ】
 33cm(2007年5月時点)

■【産地】
 ブラジル、○○○の南から流れている○○○○○○川支流○○○川の、さらに支流の○○○○川。

■【飼育期間】
 2005年8月から飼育開始。当初32cm。

■【餌】
 アジを中心に、生き餌(姉金)など。2日に1回。

■【性別】
 不明。予想はメス(なんとなく体高があるから)。

■【飼育環境】
 120cm(W)×60cm(D)×45cm(H)水槽

■【その他特徴】
 このブラックの特徴は、本当に黒い!まさにブラック。ただ20cm以上のある程度のブラックであれば、水槽環境を黒くすれば大抵体色は黒くできます。餌の食いはイマイチですが、15cm以上のアジを食べる姿は圧巻です。水槽掃除の際は撫でることもできるくらいおとなしく慣れていますが、私が急な動きをしたときには、セパレータを破壊するほど突進力があります。たまに擦り傷ができますが、数週間で治ります。
 真っ黒な色を出すこのブラックピラニアですが、照明を突然点けた直後などは色が激変することがあります。1分程度で元に戻ります。

ページトップへ


ジャイアントイエロー   (動画1→

ジャイアントイエロー1 ジャイアントイエロー2
ジャイアントイエロー3
ジャイアントイエロー4
ジャイアントイエロー5

■【種類】
 Pygocentrus ternetzi 、ジャイアントイエローピラニア

■【サイズ】
 23.5cm(2007年9月時点)

■【産地】
 パラグアイ川水系

■【飼育期間】
 2005年7月から飼育開始(当初15cm)

■【餌】
 生き餌(姉金)、ワカサギ、アジ。2日に1回。

■【性別】
 不明

■【飼育環境】
 150cm(W)×90cm(D)×60cm(H)水槽

■【その他特徴】
 飼育開始当初、こいつに噛まれて9針縫ったことがあります。そして飼っていたナッテリーを全滅させた張本人です。ただ臆病さは普通のピラニアと同じです。水槽掃除の際は結構動き回るので気をつけてやっています。灯油ポンプと接続している緑色のホースが近づくとを噛みます。
 昔は獣肉(ハツ、レバー)が好みでしたが、今はあまり食いません。人工飼料は、ナッテリー達と混泳していたときは食べていたのですが、最近は全く食べません。
 150cm水槽でピラヤたちと混泳中。混泳してからえさの食いが良いです!

ページトップへ




↓飼育環境についてはこちら↓
水槽設備



ピラニア援助交遊ホーム